星ふる学校くまの木とは

自然環境

栃木県北部、日光国立公園の一部である高原山のふもとに星ふる学校くまの木はあります。水源の森から流れる清らかな川とその豊かな水を湛える田んぼ、先祖代々大切に守ってきた山林・・・そんな環境に囲まれています。

懐かしい木造校舎、澄みきった空に輝く星空、地産地消のお食事、地域の自然や文化を楽しみ、のんびりとお過ごしいただけます。

木造校舎

明治7年から平成11年までの124年間で、2,888人の卒業生を送り出した旧熊ノ木小学校を改築した施設です。

 

教室だった空間に、全8室、3タイプの宿泊室をご用意しました。

ご家族やグループ、団体で、どなたでもお気軽にご利用いただけます。

施設の案内へ

体験プログラム

塩谷町~高原山麓の自然や文化にふれるプログラムを四季を通じて実施しています。

自然豊かな環境の中、子どもから大人向けまで、1時間から程度のものから半日程度のものまで、目で見て触れて「田舎の暮らしと自然」を感じるプログラムを用意しています。

宿泊の方だけでなく体験プログラムのみのご利用も受け付けています。

体験プログラム詳細へ


おしらせ

NPO法人 くまの木 里の暮らしとして

地域の繋がりの場であった小学校は、廃校になった後も木造校舎は残して新たな広場としたい、というのが地域の方々の願いでした。長い間、小学校として建っていた建物には汗や涙や笑顔の思い出が数多く残されています。

新しく作ることより古いものを残すことを選んだ地域の方々と共に、地域を守りながら次世代に続く暮らしを考えます。